ブログ・お知らせ

【鑑定士が解説】アメジャンとロンジャンの違いとは?

【豆知識】ライダースの種類・アメジャンとロンジャンの違いとは?

ライダースを選ぶ際にたまに聞く「アメジャン」と「ロンジャン」

何となくわかってはいたけど、その決定的な違いってなんだろう、そう思いませんか?

この記事では

■アメジャンとロンジャンの違い

■アメジャン~ロンジャンのかんたんな歴史

などを解説します!

これがわかるとライダースに合わせるアイテムの選び方が変わってくるかもしれません!

 

アメジャンとロンジャンの違いをかんたんに説明

ライダース・アメジャン ライダース・ロンジャン

アメジャンは右の写真のようにフロントにベルトバックルがあるライダースで、ロンジャンはサイドにベルトが来るライダースです。

アメジャンは「USライダース」、ロンジャンは「UKライダース」とも言われます。

 

アメジャンとロンジャンの「形状」の違いを詳しく解説!

アメジャンとは?

ライダース・アメジャン

アメジャン-付け根のリブの写真

ライダースの着丈の違いの写真

【アメジャンの特徴】

・フロントにバックルがあるベルト

・袖の付け根の背中側のリブ

・短い着丈

・ゆったりとした身幅と腕回り

 

【アメジャンの代表的なブランド】

・楽天で見る

schott(ショット)

・楽天で見る

vanson(バンソン)

 

ロンジャンとは?

ライダース・ロンジャン

ロンジャン-サイドのベルト

ロンジャン-袖の付け根のリブなし

ライダースの着丈の違いの写真

【ロンジャンの特徴】

・サイドにアジャスタータイプのベルト

・袖の付け根にリブがない

・着丈が長い

・タイトなシルエット

 

【ロンジャンの代表的なブランド】

・楽天で見る

Lewis Leathers(ルイスレザー)

・楽天で見る

666 Leather Were

・楽天で見る

JAMES GROSE(ジェームスグロース)

 

ライダースの形状の違いは”バイクの形状”の違いから

アメリカンバイク

出典:mecum

ロッカーズのバイク

出典:SRM CLASSIC BIKES

もともとダブル襟仕立のコートを短くしたのがライダースジャケットの原型でした。

ライダースの元祖である”アメジャン”はコートのゆったりとしたシルエットを引き継いでいます。

また、ハーレーなどのアメリカンバイクに乗る際、身幅や腕回りにゆとりがあり裾が邪魔にならないような現在の形になってきました。

ロンジャンはアメジャンの形状を引き継いだものの、「ロッカーズ」などに好まれたバイクがレーシーで前傾姿勢だったことから改良されました。

バックルがタンクに当たらないようベルトがサイドになり、腰回りが出ないように着丈が長くされ、空気抵抗を減らすためタイトになっていき現在の形状になりました。

 

アメジャンとロンジャンの語源

アメジャン・ロンジャンのジャンは、”ジャンパー”から来ています。

アメリカンのジャンパー、ロンドンのジャンパーを略した造語です。

 

【ジャンパーは海外で通じない!?】

ジャンパー=ジャケットというのは和製英語です。

英語圏でジャケットは、jakect(ジャケット)、blouson(ブルゾン)が使われており、ブルゾンは元々フランス語です。

本来のジャンパーは、女性物の袖なしワンピースやプルオーバーのセーターなどを指します。

 

アメジャンの代表的なモデル

schott(ショット) 618

アメジャン-schott-168

出典:上野アメ横 Jalana(ジャラーナ)

アメジャンを作ったschottの定番ライダースがこの”618″です。

革はヘビーステアハイドで重厚感があります。

ベルトはもちろん、ゆったりとした身幅・腕回り、短めの着丈がまさに「アメジャン」です。

shottの618を楽天で見る

 

schott(ショット) 613/613UST

アメジャン-shott-613

出典:ストリートファッションMIYOSHIYA

schottの613は「ワンスター」とも呼ばれ、エポレットという肩のベルトのようなところに一つずつ星が施されているモデルです。

近年は613USTというモデルが発売され、より日本人体系にフィットしたシルエットになっています。

ロンジャンほどではありませんが、身幅・腕回りがすっきりとして、着丈が少し長く設定されました。

アメジャン好きでフィット感を求めるなら613USTをおススメします!

shott 613USTを楽天で見る

 

vanson(バンソン) C2

アメジャン-バンソン-C2

出典:ブランド古着のBEEGLE by Boo-Bee

vansonのC2は重厚感のある見た目がとにかくカッコイイモデル。

ブラックに映えるゴールドの金具も渋いです。

レザーは厚手のステアハイドで、ずっしりと重みがあり、袖を通した時の満足感があります。

Cはvansonのダブルライダースの基本形のモデルで、C2はCから着丈を2インチ短くしたモデルです。

アメリカンバイクにピッタリのアメジャンです。

vanson C2を楽天で見る

 

ロンジャンの代表的なモデル

Lewis Leathers(ルイスレザー) ライトニング

lewisleathers-lightning

王道であり定番のロンジャンといえば、ルイスレザーの「ライトニング」です。

特徴はサイドのベルト、フィット感のあるシルエット、レッドキルティングの言われるライナーです。

新品で購入する際は「レッドキルティング」と「ブラックメッシュニットナイロン」を選択することができます。

新品は18万円~とかなり高額なので、ユーズドで状態の良いものがお勧めです。

Lewis Leathersのライトニングを楽天で見る

 

666 Leather wear(triple six/トリプルシックス)

666のロンジャン

出典:アースマーケット

1985年頃それまでロンドンに直接ライダースを買い付けに行っていたが、日本人の体形に合うライダースが無かったため、オリジナルのパターンを試行錯誤しながら誕生したブランドです。

今日のライダース=ロンジャンというイメージは666から来ています。

日本のパンクロックのロンジャンと言えば666に決まりです。

666のライダースを楽天で見る

 

ライダースとファッションアイテムの合わせ方

アメジャンのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shawn Dederickさん(@selvedgewings)がシェアした投稿

schott(ショット)のようなアメジャンには、いわゆる「アメカジ」が似合います。

基本的なスタイルとしては、デニムパンツ・チノパンにTシャツやカットソーが定番です。

トラッドスタイルを目指すなら、スラックスにシャツなども良いですし、POPに仕上げたい時は写真のように柄物をチョイスするのも良いでしょう。

アメジャンは「野暮ったさ」が特徴でもあるので、ワークブーツ等もよく合います。

季節や街着などの用途によっては、バランスをとるためにコンバースなどのスニーカーもおススメです。

 

ロンジャンのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

James TSEさん(@jamesjackytse)がシェアした投稿

定番のパンクロックファッションもカッコいいですが、ロンジャンはその「スタイリッシュさ」ゆえに、汎用性の高いファッションアイテムと言えます。

写真のように「トラッドスタイル」もかなりおススメです。

スラックスやネクタイなどに変化をつけて「モードファッション」になるのもロンジャンの魅力です。

また、スニーカーやパーカー、キャップなどで「ストリート」にもよく合います。

ロンジャンが持つ「ワルさ」とストリートの「やんちゃ」感の相性は意外なほどピッタリです。

 

ライダースファッションで気を付けたいこと

アメジャン、ロンジャンと解説しましたが、ファッションに取り入れる際に気を付けたいことがあります。

それは「アイテムとの相性」です。

例えば、ルイスレザーと様なシルエットが綺麗なものにレッドウィングのセッターというのはあまり相性が良くない印象です。

ジャンルを超えた「ハズシ」を狙う時は、アイテムの相性に気を付けましょう。

 

その他、ライダースのおススメブランドをご紹介しています!

鑑定士が厳選する!ライダースジャケットオススメブランド

【鑑定士厳選】男のライダースブランド、おすすめは絶対これ!

 

アメジャン・ロンジャンともに買取強化中です!

セカンドスピリッツはライダースジャケットの買取を強化しています。

着ていないライダース、サイズが合わなかったなどLINEやメールで「事前査定」が可能ですので、是非お問い合わせくださいませ。

 

ライダースジャケットの買取は、以下のページで詳しくご案内しています↓

レザー・ライダースジャケットの買取について

 

一覧に戻る
pagetop