ブログ・お知らせ

【鑑定士厳選】男のライダースブランド、おすすめは絶対これ!

鑑定士が厳選する!ライダースジャケットの蝶オススメブランド

ライダースジャケットを数千着見てきた鑑定士が、絶対オススメしたいブランドを紹介します。

この記事では

  • ・オススメブランド
  • ・ライダースの選び方

 

などを詳しくご紹介していきます。

新しいブランドの発見があるかもしれないので、是非最後までご覧ください(^^)

リンクから購入も可能です!

 

ライダースのオススメブランド

第1位 ルイスレザー(Lewis Leathers)

 

出典:2Fantastic

写真のモデル:ルイスレザー 391TF ライトニング ダブルライダース

【ルイスレザーとは】

 1892年、イギリス・ロンドンで洋服仕立業、オートスポーツのための防護服の作製を開始。

1926年にモーターサイクルレース専門の衣服の製作に着手し始めた。

当時、出来て間もない航空産業の需要に応えるため、操縦席の極寒に耐える保温性に優れたレザーウェアの提供を開始している。

第二次世界大戦時は、イギリス空軍「RAF」にフライングスーツやフライトジャケットなども供給。爆発的人気となったライダースは1950年代。

【出典:otokomae

 

【ライダースのシルエットと魅力】

ルイスレザーのライダースのシルエットは「タイトフィット」と「レギュラーフィット」があり、現在人気があるのが「タイトフィット」。

着丈がやや長く、身幅がタイトな作りでスタイリッシュ。

パンクファッションには欠かせないブランドです。

 

【ルイスレザーの代表モデル】

  • ・サイクロン(ダブル)
  • ・ライトニング(ダブル)
  • ・ドミネーター(シングル)
  • ・コルセア(シングル)
  • ・スーパースポーツマン(シングル)
  • ・スーパーモンザ(ダブル)

 

【ルイスレザーと合うバイク】

イギリス、ヨーロッパ製のバイク全般(トライアンフ、BMWなど)、SR400、W650、エストレアなどのクラシックタイプのバイクや、カフェレーサーと相性抜群。

 

【ルイスレザーとよく合うファッション】

パンクファッション、ストリートミックス、モードファッションなど、細身でスタイリッシュなファッションと相性が良い。

 

【ライダースのタイプ】

ロンジャン

 

【価格帯】

新品:約¥186,000~

中古:約¥70,000~約¥150,000

 

【ルイスレザーの公式サイト】

Lewis Leathers JAPAN(公式)

 

【通販】

中古で探す:ルイスレザーを楽天で見てみる(USED)

 

第2位 バンソン(vanson)

出典:アメカジショップ Back Drop

写真のモデル:vanson B シングルライダース

 【vanson(バンソン)とは?】

1975年「VANSON ASSOCIATES INC」としてマサチューセッツ州の首都ボストンで設立。

その後、熟練した職人による最高レベルの裁縫技術などでアメリカ最大のモーターサイクルレザーメーカーに成長。

今や世界中のバイカー、アメカジファンから絶大な信頼を得るビッグブランドである。

出典:02BRAND様

 

【ライダースのシルエットと魅力】

vansonのライダースは「アメジャン」と呼ばれる着丈が短いタイプが多く、身幅と腕回りにゆとりがあるのが特徴です。

まさしく「アメリカン」な本物のライダースです。

バイクに乗ることを想定して作られているため、袖丈が少し長めの設定です。

 

【バンソンの代表モデル】

  • ・C-2(ダブル)
  • ・B(シングル)
  • ・ENF/エンフィールド(襟付きシングル)
  • ・9C

 

【バンソンと合うバイク】

もともとアメリカのブランドなので、基本的にはアメリカンバイク(クルーザー)と相性抜群です。ハーレーはもちろん、ドラッグスターやスティードなどの日本製バイクにもよく合うライダースです。

 

【バンソンとよく合うファッション】

バンソンは、アメカジファッションにピッタリのライダースブランドですが、SUPREMEなどのストリートファッションともコラボしており、意外と汎用性が高いライダースです。

 

【ライダースのタイプ】

アメジャン

 

【価格帯】

新品:約¥59,000~

中古:約¥20,000~約¥150,000

 

【バンソンの公式サイト】

http://www.vansonleathers.jp/

 

【バンソンの通販】

amazonで探す:vansonのライダースジャケットを覗いてみる

楽天で探す:vansonのライダースジャケットを覗いてみる

 

第3位 サンローランパリ(SAINT LAURENT PARIS)

 

出典:モダンブルー楽天市場店

写真のモデル:サンローラン 484284-yc2ni-1000 ダブルライダース

【サンローランパリとは?】

YSL(イヴサンローラン)のアパレルラインです。

もともとDiorのデザイナーだった「イヴサンローラン」が立ち上げたブランドですが、後に「エディ・スリマン」氏がクリエイティブディレクターに就任したことでサンローランパリとなりました。

この際りりーすされたものは「エディ期」と呼ばれています。

 

【ライダースのシルエットと魅力】

サンローランパリのライダースは、フィット感がありながら絶妙にゆったりしたボックス型のシルエットが特徴です。タイトな着こなしをしたり、ゆったりと着たり、着る人によって楽しめるライダースです。

また、非常に高額なので「ステータス」的な役割もあり、常に注目を集める存在です。

 

【サンローランパリの代表モデル】

  • ・L-01(ダブル)
  • ・L17(ダブル)

 

【サンローランと合うバイク】

サンローランのライダースは「モーターサイクルジャケット」として販売されていますが、実際には「ファッション」アイテムなので、実用には向かないと思います。

デザインだけで語るなら、BMWやトライアンフ、DUCATIなどのヨーロッパメーカーのバイクと合うと思います。

 

【サンローランとよく合うファッション】

モードブランドですが、カッチリした装いやパンク、ストリートなど幅広いファッションが楽しめます。

スニーカーや革靴、ブーツなどスタイルを選びません。

 

【ライダースのタイプ】

ロンジャン

 

【価格帯】

新品:約¥350,000~

中古:約¥150,000~約¥300,000

 

【サンローランの公式サイト】

https://www.ysl.com/jp

 

【サンローランの通販】

amazonで探す:saint laurentのライダース(新品)

楽天で探す:SAINT LAURENT PARISのライダース(usedあり)

 

第4位 ショット(schott)

出典:ミリタリーWAIPER楽天市場店

写真のモデル:schott 613UST ダブルライダース

【schott(ショット)とは?】

ライダースジャケットの代名詞ともいえるSchottの歴史は、1913年ニューヨークでアーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟によってはじまった。

当初はレインコートをつくる工場だったが、1928年に世界で初めてフロントジッパーを採用したライダースジャケット“Perfecto”シリーズを発売。

現在の「ダブルライダース」の形を作った。

出典:schott公式サイト

 

【ライダースのシルエットと魅力】

schottの多くのシルエットはショート丈で身幅があり、腕回りにゆとりがあるシルエットがスタンダード。

近年は着丈が長め、すっきりした身幅と袖の「TALL」というモデルが人気。

ライダースといえばschott(ショット)というくらい王道のブランド。

 

【schott(ショット)の代表モデル】

  • ・613UST-613US ワンスター(ダブル)
  • ・618(ダブル)
  • ・641(シングル)
  • ・141(シングル)

 

【schott(ショット)と合うバイク】

アメリカのブランドなだけあって、ハーレーなどのアメリカンバイク(クルーザー)と相性抜群です。

ネイキッドやクラシックバイクにも合うと思いますが、レプリカやストファイなどスポーツバイクには少し野暮ったさが気になると思います。

 

【schott(ショット)とよく合うファッション】

THEライダースなのでバイカーファッションはもちろん、アメカジとの相性抜群です。

近年はストリートブランドやルードブランドとコラボジャケットも展開しているので、ラフな着こなしでもカッコよく決まります。

 

【ライダースのタイプ】

アメジャン

 

【価格帯】

新品:約¥56,000~約¥200,000

中古:約¥15,000~約¥100,000

 

【schott(ショット)の公式サイト】

https://schott-nyc.jp/home.html

 

【schott(ショット)の通販】

amazonで探す:schottのライダースを見つける

楽天で探す:schottのライダースを見つける(usedあり)

 

第5位 JAMES GROSE(ジェームスグロース)

 

出典:GMM STORE

写真のモデル:JAMES GROSE MANILA JKT ダブルライダース

【JAMES GROSE(ジェームスグロース)とは?】

ジェームス・グロース/James Groseは、1876年に創業した約100年にも及ぶ歴史を誇ったイギリスの老舗レザーウェアブランドです。

モータリストやモーターサイクリスト達が着用するウェアをはじめ、パーツなどを取り扱うリテイラーとして60年代にはルイスレザーをしのぐ人気に発展。

2015年秋に日本初上陸しました。

出典:HIGH FASHION FACTORY

 

【ライダースのシルエットと魅力】

ジェームスグロースのシルエットはタイトフィットです。

本物のライダースでありながらタイト過ぎないシルエットが英国エレガンスの雰囲気を感じさせ、タウンユースにもぴったりです。

 

【ジェームスグロースの代表モデル】

  • ・マニラジャケット
  • ・カンサン
  • ・クラブマン
  • ・リカルド
  • ・アヴィエーション

 

【ジェームスグロースと合うバイク】

トライアンフなどヨーロピアンなバイクやクラシックなバイクによく合います。

日本車ではSR400やネイキッドといったファッション性を楽しめるバイクにもぴったりです。

 

【ジェームスグロースとよく合うファッション】

ハードさがありながらファッション性が高いため、カジュアル、トラディショナル、ストリート、パンク、なんでも合わせやすいと思います。

特にトラッドスタイルはライダースでありながらジェントルマンな雰囲気を楽しめると思います。

 

【ライダースのタイプ】

ロンジャン

 

【価格帯】

新品:約¥114,000~約¥150,000

中古:約¥50,000~約¥100,000

 

【ジェームスグロースの公式サイト】

なし

 

【ジェームスグロースの通販】

amazonで探す:james groseのライダースを探す

楽天で探す:JAMES GROSEを探す(usedあり)

 

その他のおすすめライダースブランドを一気に紹介!

他におススメのラーダースブランドはたくさんあります。

一般的ではないものの、コアなファンを獲得している知る人ぞ知る超かっこいいライダースブランドをご紹介します!

Black means(ブラックミーンズ)

ブラックミーンズのライダースジャケット

出典:ブランド古着ベクトルプレミアム店

【ブラックミーンズとは】

2008年秋冬シーズンより、レザーブランド「ブラックミーンズ(blackmeans)」として活動を開始。

ブランドのルーツでもあるJapanese Hardcore Punkの視点から、既成概念にとらわれることのないファッションやスタイルを創造・提案していくことをコンセプトにしている。

自分たちの中に存在するパンク、モーターサイクル、民族、ハードコア、モードといったあらゆる要素を単に統合させるだけでなく、

日本人が持つ独自性、パンクやハードコアに由来する攻撃性、今を生きる人としての前衛性を意識した物づくりを追求していく。

出典:blackmeans公式サイト

 

【ブラックミーンズのライダースについて】

ダブル、シングル共にデザイン性が高く、ファッションアイテムとして「トガッている」。

素材も良く、チープさは感じない。シルエットはタイト目な印象で、「変わったライダース」を探している方におススメしたい。

サイト:blackmeans公式サイト

中古:ブラックミーンズのused品を楽天で探す

 

Fine Creek(ファインクリーク)

ファインクリークのライダース

【ファインクリークとは?】

『馬革の可能性を追求する』というブランドコンセプトを掲げ『そのアイテムに合った最適解の馬革』を求め続けながらホースハイドを使ったアイテムのみをリリース。

ファインクリークレザーズのアイテムは、『最高の馬革』を『最高の形で提供』するためにパターンやシルエット、細かな仕様をモディファイし『ホースハイドジャケットの進化系』としての高みを目指している。

出典:FINE CREEK公式サイト

 

【ファインクリークのレザージャケットについて】

ファインクリークの印象は、率直に「欲しい!」でした。

インスタグラムなどでもレザー好きの界隈で話題になり、発売後は即完売していました。

艶やかなホースハイドとデザインがマッチして、非常に男らしい「作品」に仕上がっています。

中でも「Nofolk」というスカジャンをモチーフにした刺繍入りのジャケットは必見です。

FINE CREEKの通販はこちら

 

Finders Keepers(ファインダーズキーパーズ)

ファインダーズキーパーズのライダースジャケット

出典:2nd STREET 楽天市場店

【ファインダーズキーパーズとは?】

ジャンル、年齢、国境に囚われないハイクオリティなプロダクトからTOKYOを発信するブランドとして2011年にスタート。

各カテゴリー毎に最良の素材選定、またはゼロから開発を行っています。

製作においてはプロフェッショナルとのジョイントワークによってハイクオリティなプロダクトを追求しています。

出典:Finderskeepers official web site

 

【ファインダーズキーパーズのレザージャケットについて】

ストリートファッションでありながら、特に革へのこだわりが感じられるモノづくりをするブランドという印象です。

カラー展開も興味深く、既存のライダースに少しスパイスを加えたようなデザインが魅力的なブランドです。

Finders Keepersの通販はこちら(usedあり)

 

ISAMU KATAYAMA BACKLASH(バックラッシュ)

バックラッシュのライダースジャケット

出典:ベクトル リ・ポイント楽天市場店

【BACKLASH(バックラッシュ)とは?】

革への拘りを追求し、製作工程を試行錯誤した上に完成されたブランド「ISAMU KATAYAMA BACKLASH」。
オールシーズン常にレザーを追求し、オリジナル素材の開発から、独自の加工や染色方法まで、革の持つ特有の可能性を限界まで突き詰めます。

熟練の職人の手で一つ一つ丁寧に作られているため、大量生産は出来ないが、唯一無二の物作りを追求し続けています。

出典:ISAMU KATAYAMA BACKLASH official web site

 

【バックラッシュのライダースについて】

バックラッシュのライダースは「加工」が施されており、洗い加工のようなシワがある独特の風合いを楽しむことができます。

「革の質」でいうの好みもありますが、加工が施されているためか、クラック(ヒビ)が入りやすい傾向があるかもしれません。

シルエットはタイトで、モード~ロックスタイルにピッタリのライダースを展開しています。

バックラッシュの通販はこちら(usedあり)

 

Rags McGREGOR(ラグスマックレガー)

ラグスマックレガーのライダースジャケット

出典:2nd STREET 楽天市場店

【ラグスマックレガーとは?】

日本のファッションレーベル。

アメリカの老舗ファッションブランド「マックレガー(McGREGOR)」よりDNAを引き継ぎ、2012年にデビュー。

ベースにあるのはオーセンティックなアメリカンカジュアル。ヴィンテージの雰囲気、ロックテイストでアンダーグラウンドなイメージを打ち出している。

60年代のロックスターを目指した若者のスタイルや、スポーツ、ワークウェアにミリタリーウェア、30年代・40年代の古着のテーラードなどをモディファイしたアイテムを展開。

出典:fashion press

 

【ラグスマックレガーのライダースについて】

もともとアメリカの「マクレガー」ですが、日本のレーベルだけあってシルエットがすっきりしており、洗練されている印象。

どこか「サンローランパリ」のようなデザイン性も感じるほど。

レザーの素材は悪くなく「重厚感」はないが気軽に着られるライダースとして完成している。

全体的にファッション性があり、タウンユースとしてオススメ。

rags McGREGORの通販はこちら

 

ライダースジャケットの選び方

ライダースジャケットの種類

まずは好みのデザインを探しましょう。

【ダブルライダース】

【出典:THREEWOOD楽天市場店】

写真のモデル:schott 613UST

ダブルラーダースは、襟が2枚仕立で風の侵入を防ぐために前身頃が重なったタイプのライダースジャケットのことです。

ダブルライダースを開発したのがアメリカの「schott(ショット)社」と言われています。

schottoのライダースは、いわゆる「アメジャン」と呼ばれるもので、着丈が短めに設定されていることが多いです。

 

【シングルライダース】

【出典:ミリタリーWAIPER楽天市場店】

写真のモデル:vanson B

シングルライダースは、立ち襟(スタンドカラー)で正面中央にジップが付いたタイプを言います。

ダブルと違い、襟が重なっていないことがポイントです。

元々の用途は、前傾姿勢になる「レーサー」タイプのバイク用でしたが、ファッションにも合わせやすいデザインが増えました。

 

【襟なしダブルライダース】

 

【出典:THREEWOOD楽天市場店】

写真のモデル:JAMES GROSE “KANSAN”

本来のダブルと違い、首元の襟がシングルライダースっぽくたち襟になっているのが特徴。

ルイスレザーの「スーパーモンザ」やジェームスグロースの「カンサン」が代表的なモデル。

前身頃はダブルで風の侵入を防ぎ、立ち襟でレーサーっぽくすっきりした良いとこ取りのデザインです。

 

選ぶのはアメジャン?ロンジャン?

ライダースには大きく分けて2つの種類があります。いわゆるアメジャンとロンジャン。その違いを簡単に説明します。

【アメジャン】

代表的なブランドはschottやvansonで、主に着丈がショートで身幅と袖回りがゆったりした「アメリカン」なライダースです。

【ロンジャン】

代表的なブランドはルイスレザー、ジェームスグロースなどです。アメジャンより着丈が長く、身幅・袖回り共にフィット感のあるライダースです。

 

ブランドによる違いを知る

【実用的なライダースブランド】

schott / vanson / lewis leathers / Aero Leather /FINE CREEKなど

【ファッション性が高いブランド】

SAINT LAURENT PARIS / JAMES GROSE / rags McGREGOR / black means / BACKLASH / Finders keepersなど

 

ライダースブランドのサイズ感

多くのライダースブランドで、38=Mサイズとした場合、ワンサイズ程度大きいと感じるかもしれません。

筆者の場合、174cm/62kgで、日本のブランドの場合Mサイズでジャストですが、ルイスレザーやschott、vansonなどのライダースブランドの場合は36=S相当のサイズ感がジャスト~少しタイトです。

サイズ選びは実寸値を見てよくご検討ください。

 

ライダースに使われる革とは?

【カウハイド】

一般的なレザー。柔らかく、きめ細やかな質感だが、丈夫。

ルイスレザーやschottなど多くのほとんどのライダースブランドに採用されている。

【シープスキン/ラムレザー】

少し艶があり、しっとりとした柔らかい質感が特徴。スレに弱いがとても柔らかく軽い素材の為、タウンユースとして人気のレザー。

ルイスレザーなどで採用されている。

【ホースハイド】

艶があり、剛健といった印象のレザー。最初は堅いが、徐々に馴染み「自分の体沿う」レザーとして人気。

ルイスレザー、エアロレザー、ファインクリークなどで採用されている。

【ディアスキン】

トロッとした質感で、軽く、丈夫で、通気性が良いという特徴がありまさに「万能」。

The REAL McCOYとルイスレザーのコラボライダースなどに採用されている。

 

「カッコいい」ライダースを選びましょう!

いろいろと書きましたが、直観で「これがイイ!」と思ったらそれがあなたにとって良いライダースだと思います。

ご紹介したライダースは、お手入れによって一生物の相棒になりえるものばかりです。

ぜひ一生に一度は本物のライダースを身にまとってみてはいかがでしょうか(^^)

 

ライダースジャケットの買取はセカンドスピリッツへ

レザー・ライダースジャケットの買取について

一覧に戻る
pagetop