ブログ・お知らせ

【偽物・コピー品の見分け方】シュプリーム×ルイヴィトン PF Slender・二つ折り財布

セカンドスピリッツの湯田です。

今日はシュプリーム×ルイヴィトンの財布の偽物・コピー品情報をお届けします!

新品では入手できず、オークションやリユースショップで購入したはよいものの、これは本当に本物なのか?という不安を感じる場合の参考にしてくださいね。

まずは1枚目の写真のどちらが本物か分かりますか?

正解は…上が偽物。下が本物です。

実は熟練の鑑定士でもこの写真だけでは全く分かりません。

では次の写真です。

左が偽物、右の写真が本物です。

LVのロゴだけを観ると、左の写真のロゴの方が綺麗に見えますが、右の写真が本物です。

では次に一番見分けが付くポイントをご紹介します。

この写真は、上が本物で下が偽物です。

このシュプリーム×ルイヴィトンのPF Slenderという財布には、ヴィトンのエピという素材が使われています。

エピはヴィトンオリジナルの生地で、シワの深さや凸の形などは真似できないと言われています。

この写真をよく見ると、本物のしわがくっきりと深く刻印されているのに対し、偽物は浅く薄いように見えます。

また、表面の大きな”Supreme”という刻印ですが、本物の方がエピのシワ感が残っています。

偽物は刻印が薄いためシワが見えずらいように感じます。

これは本物の生地のシワが深く強く施されている証で、コピーされにくい部分です。

他にも刻印のサイズやステッチ技術のレベルでの見分け方もございますが、見慣れないと分かりにくい部分なのでまたの機会にご紹介します。

皆様、中古や未使用のシュプリーム×ルイヴィトンの財布をオークションやメルカリで購入する際は、お気をつけくださいね。

 

今回も海外インスタグラムのfake_education様から情報をお借りしてご紹介しました。

他のコピー品情報も掲載されています→http://instagram.com/fake_education

 

この記事をご覧の方がお持ちの偽物情報があれば、ぜひご協力下さいませ。

湯田

一覧に戻る
pagetop