レザー・ライダースジャケットの買取について

we-want-your-leather-jacket

レザージャケット・ライダースジャケットの買取はセカンドスピリッツにお任せください。

ブランドによっては可能な限りお客様のご希望に添えられるような査定を心がけております。

世界中のブランドを買取し、売るならこの店!と言われるような存在を目指しています。

買取5つの特徴 買取の流れ
買取キャンペーン ダメージがある場合
査定評価を下げない方法 ブランドランキング
買取対象アイテム 素材ごとの市場性
Q&A ごあいさつ

 

当店のレザージャケット買取5つの特徴

  • ①精度の高い事前査定
    • ・状態をお伺いし、本査定との誤差ゼロを目指しています!
  • ②季節外でも買取強化!
    • ・真夏でも真冬でも、一年を通して買取強化しています!
  • ③ダメージがあっても買取!
    • ・スレやちょっとした破れなど、ブランドによっては買取が出来ます。
  • ④買取前のレザーケアが不要
    • ・クリームやオイルで消えそうなスレや汚れはマイナス査定致しません。
  • ⑤あらゆるレザーブランドに対応
    • ・アメリカ系でもイギリス・ヨーロッパ系のブランドでもデザインを問わず買取いたします。

 

6つの強み-他社にはないサービスがあります。

レザー・ライダースジャケット買取の流れ

1・梱包、2・無料集荷、3・入金

> 詳しいご利用方法

まずは、事前査定をご利用ください

セカンドスピリッツは”精度が高い事前査定・お見積もり”をするため、お客様にご協力いただいております。(分かる範囲でOKです)

【事前査定でお伺いする質問】

ダブルライダースジャケット

  • ◆ブランド名
  • ◆モデル名 (形状)
  • ◆型番 (分かれば)
  • ◆サイズ
  • ◆付属品の有無
  • ◆レザーの状態
  • ◆その他
    • ●お伺いする場合があります。

 

  • ※ノーブランドは買取が出来ない場合がほとんどです。
  • ※より詳しく状態をお伺い出来れば、事前査定の精度が上がります。

 

事前査定の利用方法

 

買取価格計算方法の一例

ダブルレザージャケット

ブランド ルイスレザー(LEWIS LEATHERS)
モデル ライトニング (カウレザー・ダブルライダースジャケット)
型番 402T
サイズ 36
レザーの状態 スレ・色落ちが無く、非常に良好
着用感 わずかに感じる程度
予想販売価格 約150,000-
買取率 70%
買取価格例 ¥105,000

※この表は一例です。

≪計算方法の解説≫

レザージャケットの買取パーセンテージは、基本的に販売予想価格に対して50%~70%です。人気があり高回転のレザージャケットの場合は80%をお出しします。

また、回転率があまり良くない場合は30~40%になる可能性があります。

新品・未使用・人気のブランド・中古市場で入手しにくいレザージャケットは高い買取パーセンテージなりやすいと言えます。

買取価格の計算方法

宅配買取について

 

買取キャンペーン実施中!

初回買取価格10%UP-季節外商品10%UP-タグ付き未使用品20%UP

▲画像のタップでキャンペーンのご説明ページにジャンプします。

初回買取10%UP

wlcome-to-the-Scond-Spirits

当店を初めてご利用されるお客様の特典として、通常の査定価格から10%アップで買い取りいたします。(※キャンペーン内容の併用はしておりません。)

 

季節外アイテム買取10%UP

セカンドスピリッツは季節外でも通常査定から10%UP致します!(※キャンペーン内容の併用はしておりません。)

【レザー・ライダースジャケットの季節外について】

中綿なし 中綿あり
中綿なしのライダースジャケット 中綿ありのダブルライダースジャケット
6月~9月の暑い時期/12月~2月の雪が降る時期 6月~9月の暑い時期

レザージャケットには裏地のみと中綿が入ったものの2種類ありますが、僅かに着用できる季節が異なりますのでそれに沿った査定を行います。

 

タグ付き 新品・未使用品 買取20%UP

人気ブランドのタグ付き 新品未使用なら、通常の査定から20%UPで買取しております。

【買取20%UPの条件】

brandnew-jkt

  • ◆タグ付き
  • ◆新品・未使用の状態である
  • ◆保管の状態が良い
  • ◆付属品が揃っている
  • ◆付属品の状態が良い
  • ◆その他(アイテムにより)

 

【レザージャケットの付属品とは?】

ブランドによって付属していないものもありますので、それに応じて対応いたします。

  • ◆プライスタグ
  • ◆保証書(ギャランティ)
  • ◆ハンガー
  • ◆衣装カバー
  • ◆その他(ブランドによる)

 

ダメージがあるレザージャケットの買取について

こんな状態でもOK!

スレ 壊れたジップ
スレが多いレザージャケット ジップが壊れているレザージャケット
破れ カビ
袖が破れているレザージャケット 表面のレザーにカビが生えている

※ブランド・状態によって買い取り価格が安くなる場合がありますので、ご相談くださいませ。

 

自社で手入れをするから買取可能!

buy-care-sell

レザージャケットのオイル塗布は、意外と手間がかかりますよね。当店はお客様の手を煩わせることは致しません。

査定の段階で、「この状態はブラッシングやオイル塗布で目立たなく出来そうか?」ということを見極め、適正に評価いたします。

そのため、お客様にご面倒をおかけすることなくスムーズに買取が出来ます。

【スレに対するケア方法】

全体的にブラッシングを行ない、オイルや補色で目立たなくして販売します。

【ジップの破損は修理】

修理を検討して、外注先の見積もり価格に沿って買取価格を算出します。

【破れているレザーは補修】

極々軽度の破れはそのままで販売する場合もありますが、着用の際に目立つレベルの場合は補強や補修を検討したうえで買取いたします。

【カビはクリーニングで綺麗に】

レザーには白や緑のカビなど保管状況によって様々なカビが発生します。クリーニングで綺麗になる場合があるため、適切な査定を心がけます。

 

査定評価を下げたくない場合

相場のグラフ

レザージャケットにダメージがある場合でも買取が可能ですが、ダメージが元々無い、または目立たない方が高評価になることは間違いありません。

マイナス査定しないもの

 

査定評価が下がる主な原因3つ

虫眼鏡

 

1.着用感や、レザーの状態が悪い

油分が足りなかったり、水分を飛ばす前に保管したりするとレザーの銀面割れの原因になります。 この場合修復は不可能なので、マイナス評価となります。全体的にレザーが割れているジャケットは買取が出来ない可能性があります。

また、スレが多すぎてケア出来るレベルを超えたものもマイナス評価となります。

2.壊れている

小さな破損・破れ・大きなダメージも含みます。買取は可能ですが、無い方が望ましいといえます。

3.タバコなどの臭いがある

レザーに臭いが付いてしまうと保管・再販の際に他の商品への影響や再販が難いなど買取においては良い面が一切ありません。

 

評価を下げないために出来ること

【レザーのケア】

オイルレザーの場合、馬毛のブラシで擦るとスレや傷が目立たなくなる場合があります。オイルが切れている場合はラナパーなどを使用してオイルを足すと目立たなくなります。

ただし、ラムスキンやスエードなどオイルに向かないレザーの場合は、レザーコンディショナーやケアクリームという油分の少ない溶剤を使用する必要があります。

【カビを防止する】

カビは湿気や食べ物の残りカス・汚れから発生します。 まずはレザージャケットの全体をブラッシングして、取れない場合は水でぬらしたウェスなどで丁寧に拭き取ります。

その後、しっかり乾いたことを確認して”除湿剤/シリカゲル”などと一緒に保管します。 この時、ビニール袋や服と服の間などの通気性が悪い所に保管すると意味がありませんので、通気性が良い場所や衣装カバーを使用するとカビを防ぐことが出来ます。

新聞紙での湿気取りはインク転写などの懸念があるため、あまりお勧めいたしません。

各アイテムのお手入れ方法について

宅配買取について

 

“超”買取強化ブランドランキング TOP3

第1位 ルイスレザー

louisleathers

ルイスレザーのライダースジャケットの買い取りに全力て取り組んでいます。 ご希望価格がある場合はご相談くださいませ。

ルイスレザー買取のページへ

 

第2位 サンローラン パリ

saintlaurent

メンズモードファッションの大人気ブランド、サンローラン。 ライダースジャケット(モーターサイクルジャケット)が特に人気で、あらゆるモデルが品切れとなっているほどです。

サンローラン買取のページへ

 

第3位 クロムハーツ

shromehearts

シルバーのイメージが強いですが、クロムハーツのレザーの強靭さには定評があり、特にライダースジャケットは中古市場で高値で取引されています。 ご期待にお応えできる買取を目指します。

クロムハーツ買取のページへ

 

その他の買取強化ブランド

◆タップするとそれぞれのページにジャンプします。

アンダーカバーイズム ベルルッティ ブラックミーンズ
CALEE(キャリー) コムデギャルソン COOTIE(クーティー)
DIESEL(ディーゼル) ディースクエアード ギャングスタービル
グラッドハンド GUCCI(グッチ) バックラッシュ
ジェームスグロース ユリウス ジュンヤワタナベ
ロストコントロール ルイヴィトン ラウンジリザード
ムーンエイジデビルメント ミスタージェントルマン ネイバーフッド
オールドジョー フィグベル ラディアル
ラグスマックレガー ラルフローレン リックオウエンス
RRL(ダブルアールエル) ルードギャラリー ショット(schott)
トイズマッコイ トロフィークロージング アンダーカバーイズム
バンソン w taps(ダブルタップス) その他のブランドも買取!
  • ※記載しているブランド以外も買取中です。
  • ※各ページはただいま編集中です。

宅配買取について

 

レザージャケットの買取対象アイテム

ライダースジャケット

代表的なデザインと言えばこれですよね。その中でもデザインが分かれるので買取市場の特徴などと合わせてご案内します。

ダブルライダースジャケット

重厚感のあるダブルライダースジャケット

定番中の定番!ダブルライダースにはフロントバックルのアメジャンと、サイドベルトまたはジップガードフロントのロンジャン(UKタイプ)があります。

それぞれバイクに乗る時の姿勢やタンクへの配慮から形状が分かれたとされていますが、レザーにも大きな特徴があり、アメリカのレザーは厚く堅い。UKタイプは薄く柔らかいモノが多いです。

メンズのダブルライダースジャケットならどんなブランドでも買取します!

 

襟付き シングルライダースジャケット

襟付きのシングルライダースジャケット

襟付きのシングルライダースジャケットも相当な人気です。 アームホールが大きく襟にボアが付いたミリタリーライクなものから、タイトなシルエットが洗練された印象さえ与えるものまで様々です。ぜひ買取させてください。

 

襟なし シングルライダースジャケット

襟なしのシングルライダースジャケット

ライダースジャケットの始まりとされる襟なしのシングルライダースも一定の需要があります。 現在は細身のシルエットが販売しやすい傾向にありますが、当店のお客様の年齢層は50歳代の方も多く利用して頂いてますので、需要にお応えするために積極的に買い取りを行なっています!

 

ツーリングジャケット

ツーリングジャケット

あまり馴染みがないかもしれませんが、ミドル丈のレザーツーリングジャケットは一部のファンが多数いらっしゃいます。 現在流行しているデザインではないため回転率が良くないという側面はありますが、レザージャケットの買取では避けては通れない人気のアイテムだと考えています。

 

トラッカージャケット

レザー素材のトラッカージャケット

Gジャンのようなボタン仕様のレザージャケットですが、ジップタイプのものも含まれます。 着回しやすいシンプルなデザインがほとんどで、ブランドによって高い相場で流通しているため、積極的に買取しています。

 

ミリタリー・レザージャケット

A-2 ボンバージャケット

A-2ボンバージャケット

アメカジの定番、A-2。 様々なブランドからペイントやワッペンを施したアイテムが発売されており、いずれも人気商品となっています。 セカンドスピリッツでは、レザーブランドやファッションブランドのA-2の買取を積極的に行ないます。

 

G-1 フライトジャケット

G-1フライトジャケット

G-1はレザーを用いたフライトジャケットの王道として、アメカジ好きな方に人気のアイテムです。 発売しているのはミリタリーアイテムを生産しているブランドが多数を占めていますが、状態の良いものは買取を積極的に行ないます。

 

各レザー素材の市場性

牛革(カウハイド)

カウハイドを使用したレザージャケット

現代で生産されているレザージャケットの半数が牛革と言われており、丈夫かつ手入れが楽で重宝されています。 カウハイドは加工の方法によって様々な表情を見せ、経年変化も楽しめる素材として人気です。

 

ホースハイド(馬革)

ホースハイドを使用したダブルライダースジャケット

独特の光沢と質感が目を引くレザーですが、最初はちょっと堅いですよね。 これが自分の形に馴染むと本当の意味で”自分だけのレザージャケット”になったと実感できるところだと思います。 買取・査定では、なるべく馴染みがない方が使用感が少ないと判断しております。

 

ラム/シープスキン

ラムスキンを使用したシングルライダースジャケット

ラムもシープも同じ羊革ですが、手触りやしなやかさなどの違いが出て面白い素材です。 ハードになりがちなレザージャケットをスタイリッシュに昇華してくれる魅力があり、ブランドによって超高価買取が可能です。

 

ディアスキン(鹿革)

ディアスキンのショールカラーレザージャケット

銀面やスエード地など、どちらを取っても非常に柔らかく着心地に優れたディアスキン。 主に男性のファッションブランドに使われることが多いように感じます。

通気性が良く洋服向きであることと、加工がしやすいためかと思いますが、人気のブランドのディアスキンレザージャケットは買取しやすいです。

 

ゴートスキン(ヤギ革)

ゴートスキンを使用したA-2レザージャケット

耐久性に優れており、丈夫なゴートスキン。 独特のツヤや着用に伴うシワなどがマニアにはたまらないのでしょう。 ミリタリーのレザージャケットにも良く使用されていたため、アメカジや古着好きにの方の為に買取したい素材です。

 

レザー・ライダースジャケット買取Q&A

Q.ファッションブランドの別注ライダースも買取可能ですか?【東京都武蔵野市 B様】

A.はい、喜んで買取いたします!ファッションブランドとレザーブランドのコラボジャケットは、発売当初は定価を超える可能性があります!


Q.裏地が破れているんですが、買取できますか?【大阪府大阪市 M様】

A.修復可能な状態であれば買い取りいたしますが、着用に問題がある場合はお断りする場合があります。


Q.未使用のレザージャケットがありますが、タグを失くしてしまいました。20%UPは可能?【宮城県仙台市 K様】

A.申し訳ございません。”保管状態の良い新品・未使用品・完品”の状態がキャンペーンの対象となります。しかし、初めてセカンドスピリッツをご利用の場合は買取10%UPが適用になります!


Q.ヴィンテージのライダースの取り扱いはしていますか?【栃木県宇都宮市 H様】

A.レザーブランドのヴィンテージジライダースなら買取可能です!カラーレザーなどもお問い合わせくださいませ。


Q.自分でスタッズを打ち込んだり、ペイントしたライダースでも買取可能でしょうか?【東京都中野区 K様】

A.はい、買取は可能ですが、かなり安い査定になってしまいます。

宅配買取について

 

担当者からごあいさつ

buyer

買取・査定を担当している湯田と申します!

私はこれまでアメジャンやロンジャン問わずに約10年間、買取を行ってきました。

その経験をもとにお客様のジャケットの評価をさせて頂いておりますが、非常に恐縮なことだと感じております。

可能な限りお客様のご希望に添えられるように努めてまいりたいと考えていますので、気軽にお問合せくださいませ。

 

レザージャケット・ヒストリー

indian

モードファッションなどのように現代には欠かせない存在となったレザージャケットですが、その始まりはアメリカンインディアンの革加工文化と言われています。

様々な部族が点在していましたが、共通することは狩りでバイソンやバッファローといった動物を食料にし、残った皮を剥いで鞣し、自然の恩恵を余すことなくテントやマントなどの生活に必要なものを作っていました。

産業が発展し、車やバイク、飛行機といった”エンジン”を乗せたものに人が乗る時代になり、それに合わせた安全性・機能性・防寒性を備えた衣服の需要が増しました。

それまでカウボーイに向けて制作されていた革製品が売れなくなり、多くのレザークラフトマンがモーターカルチャーへとシフトしたのもこの時です。

陸ではレザーコート、空ではフライトジャケットが発展し、バイクはフライトジャケットの影響を色濃く受けて発展してきました。

最初のライダースジャケットは、ハーレーダビットソンがシングルのライダースを大衆向けの製品として発表し、瞬く間に広がりました。

その後、様々な進化を遂げてアメリカでは大型排気量のアメリカンバイクに乗る時に最適な形へとなり、現在は裾が短めで腕周りと見幅がゆったりとしたデザインとなりました。これがアメジャンと呼ばれるものです。

レザーは分厚く重いが、耐久性に優れていてめったに破れることはなく、バイカーたちの肌を守ってきました。

一方、ロンジャンに代表されるイギリスのライダースジャケット文化では、アメリカからの輸入が始まりとなります。

映画“The wild one”に映し出されたウェスト丈のレザージャケットは、イギリスの若者に多大な影響を与え、トンナップボーイズ、後のロッカーズとして様々なカルチャーを生み出しました。

この当時、イギリスという島国の町中をバイクで走る場合、アメリカンバイクとは異なり、イギリス特有のバイクスタイルであるより前傾姿勢に、よりタイトにというカフェレーサースタイルが完成し、今のロンジャンというライダースジャケッへと変化してきました。

その後、ビートルズに代表されるモッズの台頭はあったものの、現在もモーターサイクルカルチャーやパンク・ロックと共にレザー・ライダースジャケットがあるとされています。

こういった背景を踏まえたうえで、現代の世界のトップブランドがレザージャケットのデザインを手がけ、もともと酒・タバコ・暴力・音楽などといった土のにおいがするライダースジャケットを最先端のファッションに取り入れるようになりました。

かつてはいわゆる反社会的なイメージが多数を占めていたのが、ファッションアイテムの一つとして受け入れられるようになったのです。

セカンドスピリッツは、ファッションブランドの買取を行うショップではありますが、ブランドだけではなくこうした歴史の一部を垣間見ることで適正な評価を行い、お客様のレザージャケットをお買取りし、次のオーナーへとつなぎたいと考えています。

その他の買取アイテム

金・プラチナ・銀(貴金属) ブランド品
金・プラチナの買取ページへ ブランドのバッグ・財布の買取についてのページへ
ブランド腕時計 洋服・古着
腕時計の買取についてのページへ 洋服・古着の買取についてのページへ
ダウンジャケット
ダウンジャケットの買取ページへ
靴・ブーツ シルバーアクセサリー
靴・ブーツの買取についてのページへ シルバーアクセサリーの買取についてのページへ
スニーカー ブランドで探す
スニーカーの画像 ブランの一覧のページへ
pagetop