ブログ・お知らせ

【ジミーチュウの偽物・本物の見分け方】スタースタッズスニーカー(RED)編

今日はジミーチュウのスタースタッズ・スニーカー(赤)の偽物の見分け方をご紹介します!

このスニーカー、とても人気があって、ヤフオクやメルカリでも見かけるので注意したいところです。

箱・付属品があっても油断してはいけない!

外箱のクオリティー

これは偽物と思われる箱です。

本物といっても通じてしまうような完成度なので、正直言ってこれだけで見分けることはほぼ不可能です。

箱の側面です。

上の方に金色で、”JIMMY CHOO ” “LONDON”と記載されているのですが、

CHOOのCの左側がインクが滲んでいるように見えます。

あとLONDONのインクが全体的にボヤ~っとしているのも気になります。

ブランドによっては、本物でもこういったところが意外と雑だったりするので、ここではまだ判断しません。

ただ、CHOOのCの部分はかなり怪しいと思われます。

付属品

おそらく本物と同じような内容で、注意書きと冊子が付属していました。

ただこの左側の注意書きの紙ですが…

完全に右下がりでカットされています。

世界的な高級ブランドが、こんな冊子を付けるのは考えにくいです。

スニーカー本体の品質

大事に大事に梱包されています。

これを見ると本物だと思い込みたくなるのですが、細かい部分をチェックしていくと不安な点が多々ありました。

まずは全体の写真。

ここは鑑定結果を確定できる部分では無いのですが、レザーのヨレが気になります。

あとは淵のステッチが一部奥に隠れてしまっています。

んー。ちょっと微妙。

ソールです。

怪しいところは見つけられませんでした。

これはソールとアッパーをつなぐ為のステッチだと思うのですが…赤い色が付いているんですよね。

これは何だろう。

公式サイトでもこの部分を確認しましたが、赤いのが見えるような気もするし、見えないような気もする。

仮に本物だったとしたら、この赤いはクオリティ的に悪いと思うので、僕なら絶対に買いません。

これはサイドのタブなんですが、いまにもJIMMY CHOOという文字が埋もれてしまいそうな位置に設置されています。

ブランド名が隠れるっていうのは、致命的なのでは?

もっと細かく見ていくと、タブの端にボンドが固まったようなゴミが付着しています。

多分これ本当にボンドなんですけど、ブランド名の横にゴミが付いていて固まってるって、仮に本物だったとしたら最悪です。

看板にゴミが付いているのを放置して営業しているようなものです。

総合的に判断すると偽物の可能性大

というわけで、細かいところを観ましたが、全体的に怪しさしか感じられませんでした。

こういった物は自信を持って再販することが出来ないので、買取をお断りいたします。

当店からお買い物をされるお客様には、自信を持ってブランド物を販売させて頂きたいと思っています。

高級ブランド品は、品質が最高でなければならない!

いろいろ書きましたが、ブランドによって得意・不得意があることは承知しています。

グッチの刻印だって、ヴィトンほど得意ではなさそうです。

ただ、ジミーチュウという”ブランド”に惑わされず、品質を観て判断してほしいなと感じます。

高級ブランドは、デザイン料も高いでしょうけど、相応の素材・技術を持っているはずですし、そうであって欲しいです。

今回はその品質を満たしていないと判断し、偽物の可能性が高いと思いました。

こんなもんかなぁ?と少しでも納得がいかない物は、そんな品質のブランドなんていらない。と思えるような眼を養ってほしいなと感じます。

今後もブランド品の偽物の見分け方を更新していきますので、ツイッターフォローして頂けると励みになります(^^)

YUDA twitter→https://twitter.com/funkbass0808

ジミーチュウの偽物情報を募集しています★

ジミーチュウの偽物情報があれば、メールやLINEでご連絡くださるとうれしいです(*^_^*)

頂いた情報は、情報元の名前を伏せて共有させて頂きますのでご安心ください(^^)

湯田

一覧に戻る
pagetop