ブログ・お知らせ

【ゴローズの偽物の見分け方】特大フェザー編

セカンドスピリッツの湯田です(^^)

今日は、みなさんとても気になっている”ゴローズの偽物”の見分け方についてご紹介していこうと思います。

このブログをご覧の方で、原宿の店舗に並んで買った方には必要がない記事だと思いますので、すっとばして頂いてOKです!(^^)

もしゴローズのフェザーを、ヤフオクやメルカリなどで購入して不安に感じている方がいるなら、試しにチェックしてみてくださいね。

ちなみに、今回紹介する見分け方は、数ある見分け方の中のほんの一部でしかありません(>_<)

これに当てはまらない見分け方があることはご了承ください。

また、お手持ちのゴローズの保証をするわけではありませんので、ご理解の上読んでいただければ幸いです★

ゴローズの偽物は本物と何がどう違うのか?

これ、たまに聞かれるのですが、一言ではとても答えられないのです(>_<)

言ってしまえば、”造り”としか言えないのですが、偽物は量産することを目的にして、なるべく多く売ってしまいたいと考えていますので、細部の仕上げが雑なことが多いです。

本物は、ご存知の通り、量産されていませんのでしっかり仕上げれらていると言えます。

偽物と見分けがつかないゴローズが多いのはなぜか?

鋳造の画像

ハッキリ言って型を取っているとしか言いようがありません。

現在、ゴローズのフェザーは鋳造によって造られていると言われていて、型にシルバーを流し込んで形成する手法が用いられています。

偽物は、本物の型を取って、その型にシルバーを流し込んで…というように”本物の形”で精巧に造っていますので、見分けを付けるのが非常に難しいんです(>_<)

まさにコピー品と言ったところです。

ひどい話ですね。

結局どこを見ればいいのか?

①まずは、ゴローズの魂である刻印を見ていきましょう!

フェザーの裏側に見える、したの部分・・・

これです。

この刻印はゴローズのオリジナルなのですが、インディアンジュエリーにはこういった誰が(どこが)造った物なのかが分かるようになっています。

この刻印ですが、偽物は浅く・角が丸い印象です。

流し込んだ銀が奥まで入っていっていないのか、入っていっても本物をコピーした型に銀を流し込むので、まるっきり同じ大きさ、深さにはならないと言われています。

ただ、シルバーブランド全体に言えるのですが、型は消耗品でもあるので、造られたタイミングによっては刻印がいびつだったり、浅かったりします。

そのため、これだけで本物か偽物かを判断することは難しいと思います。

②全体の造りを見ていきましょう!

全体の造り?って感じですが、ゴローズの本物が持つ雰囲気と、偽物とでは若干違うと言われています。

見る人によっては全然違う!そうなのですが、同じシルバー、同じ形であれば全然違うってことはありません。

熟練の査定しでも神経をとがらせて見ています。

といわけで、改めてこちらの写真をどうぞ。

全体的にアジが出ていて、線も細かく再現されていますので、騙されそうになるものです。

ただ、この偽物の実物をよーく見るとこんな物を発見しました↓

なんか出てますね。

なんだこれ。

滑らかなフェザーの付け根に、突如として現れたポチッとしたヤツ。

犯人はこいつです。

見づらいので別の角度から。

これです。

これ、本物には無いんですよ。

たぶん、偽物を鋳造している時にうまく出来なかったのか、もしくは仕上げで削るのがめんどくさかったのかと。

鋳造はある程度の”バリ”のようなものは出てしまうのですが、この処理が本物と偽物の違いと言っていいかもしれません。(たぶん言い過ぎではないと思います。)

スマホじゃない方の為にアップにしてみますね。

セカンドスピリッツの基準にはなってしまいますが、こういった無駄な突起物のような物がある場合は、一発アウトです。

むしろ、せっかく準備して、長時間並んで、高いお金で買ったフェザーが、というか全国的な大人気ブランドであるゴローズが、こんなデザインに無駄な処理をサボってたら買いたくないです。

というくらいの処理の甘さだと思います。なので、セカンドスピリッツでは偽物と断定。

もちろん、これが無いからと言って本物ですよ。というわけではありません。

100%本物を買うためにはどうすればいいの!?

ハッキリ言ってしまうと、原宿のゴローズに並んで頂くしかありません。

ゴローズに限らず、それ以外の保証はありません。それくらいゴローズの鑑定は難しいです。

どうしてもヤフオクやメルカリで購入する際は、過去の評価をかならずチェックしてください。

特にヤフオクでは、個人が過去の評価で相当な数のゴローズを出品していたら偽物の可能性が高いです。個人がそんなしょっちゅう買えませんし、たくさん持てないと思います。

ストアであるなら、プライドもあると思いますので、鑑定された物として購入する分には良いかもしれません。

まとめ

①偽物にプライドは無い!量産するだけ。

②本物を型に使っているので鑑定は極めて困難。

③細部で違いが分かる可能性あり。

④100%本物は、原宿で買うべし。

以上です。

セカンドスピリッツは、鑑定に自信がある物しか買取いたしません。

湯田

一覧に戻る
pagetop